2020.05.18

コラム

WEB会議用にカメラ・ヘッドセットを揃えてみた!

こんにちは。IT・WEB領域のコンサルタントを担当している吉野と申します。
3月以降コロナウィルスの影響により、WEBシステムを利用した打ち合わせや会議が増えてきていることと思います。移動時間の観点からみますと、圧倒的な効率の良さから、コロナウィルスの影響が収束した後も引き続きWEBシステムを利用できないかと考えております。
3月から弊社でも積極的にWeb会議システムを利用するようになりましたが、それにより、これまではあり得なかった下記のようなスケジューリングもできるようになりました。

例)
13:00~14:00 クライアント企業A社との打ち合わせ
14:00~15:00 スカウトした人材との面談
15:00~16:00 社内ミーティング

そこでこれからのWEB会議システム環境に対応すべく
・Webカメラ
・ヘッドセット
を揃えてみました。
サラリーマンにとっての新しいスーツや革靴、FF7のクラウドにとってのバスターソードだろうという気持ちです。
今回は購入を決めたポイントと実際に使用してみた感想をメインに書かせていただきます。

■Webカメラ:

PC内蔵のカメラでは画質が悪い!という話なので、外付けのカメラを検討してみました。
社内で貸与されている外付けカメラは可動部が破損しやすい?らしく苦労している同僚がいましたので、「任○堂ではそんな規格通らんぞ」と思いながら、Amazonを開いてみました。

「わからん!!物が多すぎる!泣」

ということでGoogle先生に「WEBカメラ おすすめ」とかでいろいろ検索して、先人が残してくれたまとめレビュー記事を読んだり、Youtuberが使っているカメラって何だろうとかまで調べてみたりしました。調べていく中で一眼レフやビデオカメラで撮った方が当然画質は良いし、アダプタがあればPCと接続もできるのだなとかわりました。ただ、そこまで求めてない!

今回調べたところによると、「動画」撮影の機材としては「○○万画素」より「1080p」が高画質な動画をお送りできるようで、まずそこを基準に見ていくことにしました。
あと卓上のライトもあった方がいいよなと思っていたので、今回は↓を選びました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07VMMVQMD/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_rwFWEbQJNCAQR

さらに安定性を求めて卓上の三脚も購入。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00I8ZR5D4/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_9wFWEb0AYMR43

↑ PC内臓カメラ
↓ 今回購入したカメラ

…全然違う。こんなに変わりますか?(画像を大きくすると特に差がはっきりします。)

【補足】新しいカメラをセッティングしていると・・・
画像がチラつく状態になってしまいました。「フリッカー現象」というやつらしいです。
Windowsのカメラアプリを開く→歯車のアイコンの設定→ちらつき低減を50Hzにすることで解消するようです。(西日本は60Hz)

ただ、私の現象は解消せず泣。カメラと対象物が近いとフリッカー現象が発生しないようなので、当分は顔面を近づけることで対処しようと思います。

■ヘッドセット:

オンラインになってから気持ち声を大きく出すように心がけていますがそろそろ喉がつらくなってきました。より自然な感じでよりクリアな声をお届けしたいという気持ちからヘッドセットを選びました。
ヘッドセットにも色々種類があり、

① 完全ワイヤレスイヤホン → 充電が短いらしい。あとなくしそう・・・
② 有線で左右がつながっているタイプ → まぁありかな。
③ ヘッドフォン型のもの → あからさまな感じは嫌だな・・・

上記のような感じで探していきましたが決めきれず、やはりここでも先人はどうされているかを参考にすることに。
そういえばヤプリ社のCEOがオンライン環境を整えたっていうnoteがあったなと思い出し拝読。

https://note.com/ihaemon/n/n99114843cac9

U字型で首にかけるタイプがあるとのことで。これは知らなかった!
周囲の音も聞こえるので、面と向かって話している感じになるのではと期待できます。
ただ、スペックをみても正直わからないので、ちゃんとマイクが付いているかを確認し、連続使用時間、金額、見た目の主張があまりない物を選びました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07MZD1PS2/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_BxFWEbHM4VNK9

購入後に実際に使ってみると、楽にやり取りができるようになりました。受信音も自然な感じで違和感がありません。個人の好き嫌いかと思いますが、耳に入れるタイプより負担が無いように感じます。

Webカメラもヘッドセットが揃って、これでばっちりです!
ただ揃えてみて、良いカメラ・ヘッドセットを準備しても、当然イケメン・美声に変わるわけもないことを改めて理解しました・・・
とはいえ多少は見栄えが良くなっておりますので、これからは高画質・高音質の吉野をお楽しみいただければと思います。

もし、高画質・高音質の吉野と現状の転職市場等に関して一度お話をしてみたいという方がいらっしゃいましたら、下記お問い合わせページよりエントリーをお願いいたします。

◆面談エントリー方法:

 エントリーは以下URLの「お問い合わせ」からお願いいたします。
 https://www.techno-brain.co.jp/contact/

 ※エントリー入力時のご注意
 ・お問い合わせの種類:「オンライン面談を希望する」をご選択ください。
 ・内容:以下をご記入ください。
  【面談希望 吉野202005】

 ご質問などございましたら「内容」欄にご記入をお願いいたします。

記事一覧へ