お知らせ

2021.11.15

2021年11月24日(水)18:45~|東京大学山﨑准教授・サイバーエージェント様と技術イベントを開催

エンジニア・研究者のキャリア支援を行うテクノブレーン株式会社は、この度、東京大学大学院 情報理工学系研究科 山﨑准教授とサイバーエージェント株式会社から2名をお迎えしてオンラインイベントを行います。

■日時
2021年11月24日(水) 18:45~20:00
※途中参加/退出OK

■オンラインイベント概要
DXを大きなテーマにRetailTech(小売業界)、GovTech(行政)、不動産Tech(不動産業界)の事例をご紹介いただきます。
デジタル化することで何が変わるのか、どう便利になるのか、それぞれの最前線を知るチャンスです!
お気軽にお申し込みください。

LT-1) 株式会社サイバーエージェント
白木 紀行 氏

登壇テーマ:小売DXの現場におけるデータサイエンスと機械学習
概要: EC企業を中心として発達してきたデジタル・マーケティングは、パンデミックを経て、オフラインを主戦場とする小売業の間にも急速に拡大している。多様なデータの蓄積と統合、会員アプリやデジタルサイネージの発達と普及は、オフラインとオンラインの融合(Online Merges with Offline, OMO)や店舗のメディア化、クーポンや価格の最適化など、高度に統合されたマーケティング施策を可能にしつつある。今回のLTでは、こうした小売業のDXにおけるデータサイエンスと機械学習の役割と課題について、具体的な事例を交えて解説する。

LT-2) 株式会社サイバーエージェント
冨田 燿志 氏

登壇テーマ:マーケットデザインで一歩先の自治体DXを
概要: データ活用・DXの波は地方行政にも押し寄せてきている。自治体DXにおいていま注目を浴びている技術分野が「マーケットデザイン」だ。マーケットデザインとはより良い社会の仕組みを設計し社会実装を行う経済学・コンピュータサイエンスの一研究分野であり、競争入札制度や公立学校の入学調整アルゴリズムの設計といった場面でこれまで行政分野でも活用されてきた。今回のLTでは、このマーケットデザインが自治体DXにおいてどのように活用できるのか、私たちが取り組んでいる保育所利用調整を例にお話ししたい。

LT-3) 東京大学大学院 情報理工学系研究科 准教授
山﨑 俊彦 氏

登壇テーマ: 研究者としての立場から考えるDX支援
概要:人工知能 (AI)やInternet of Things (IoT)の産業応用、またそれによるDXが叫ばれて久しい。しかし、研究の分野では科学的興味に基づいた議論がなされており、DXへの応用とは直接結びつかないように見えるものも少なくない。我々は様々なAI・IoT技術の研究開発を通して、自分たちの困りごとを解決することを模索してきた。本講演では、学術的な研究をどのような視点・考え方でDX支援に結びつくようなシステムやサービスに発展させてきたかについて、事例をいくつかご紹介する

■対象
・エンジニア
・データサイエンティスト
・研究者 など
※エンジニア職(技術が分かる方)を参加対象として内容を作っております
 技術職以外の方でも参加可能ですが、上記ご了承ください

■申し込み方法
下記にて募集をしております。
申し込みにはアカウントが必要になりますので、お好きな媒体からエントリーください。
日程が近くなりましたら、当日の接続先URLをお知らせ致します。
connpass
https://connpass.com/event/227601

TechPlay
https://techplay.jp/event/835479

         

一覧に戻る